勃起薬|EDジェネリック薬を個人輸入で通販する

世代による性意識の違い

世代による性意識の違い

性生活や性的態度は、その時代背景や文化、思想などと密接に関係しているものであり、ある世代は禁欲的に、また別の世代は開放的にという、異なった世代雰囲気の中で人生を送ってきているはずです。

 

そうした影響も当然検査などには反映されているものです。ある時点での年代別調査でそこまで踏み込んで調査することができない。

 

興味深いデータがあります。46歳から71歳の幅広い年齢層の人々を対象とし、その性行動について、2年ごとに6年間にわたる調査を同じ対象に行ったものです。対象は調査期間中ずっと結婚していた人々に限られました。

 

年代別1週間の性交回数

調査開始年齢 開始時の回数 6年後の回数
46から55歳 男2.03

女1.70

男1.94

女1.66

56から65歳 男1.47

女1.23

男1.45
女1.04
66から71歳 男1.18

女0.79

男1.17
女0.67

6年間という短い期間ではあり麻酔が、男女とも全く生活堂の現象はみられませんでした。もっと長い期間を見た場合、やはり加齢の影響は出てくるかもしれませんが、少なくともセックスパートナーがいて、安定した性生活が営まれている限り、その影響は決して大きいものではないだろうと想像される結果でした。

 

 

老人になっても恐れることはないのです。性は生きることだと胸を張っていきたいものです。