勃起薬|EDジェネリック薬を個人輸入で通販する

モチベーションをアップさせよう

 

五月病やウツなど精神的な病気の人口がどんどん増え続けています。その大きな原因はその人にやる気が起きない、エネルギッシュに考えることができないなどが挙げられます。

 

その原因はいろいろと話し合われています。

 

ゆとり教育が原因だ。未来へのビジョンが持てない社会が原因だ。など様々な要因が挙げられ続けていますが、私の持論では、その人の欲求が満たされなかったことが原因で、やる気が出なくなったことが原因ではないかと考えています。

 

今の社会では競争原理が浸透していて、しいて言えば、職場内でも競争しなければいけない環境の人もいます。極端なことを言えば、部署替えで昨日までは同じグループに所属していた二人でも、会社の競争理念により、グループを分けられ競争させられるということもあります。

 

そのような環境に陥ってしまうと、毎日が戦いになり、体も心も休息する時間が少なくなってきます。そして仕事の作業効率も悪くなり、休みたい。遊びたい。などの様々な欲求がかなわない環境が続き精神的ストレスでウツなどの症状になると考えています。

 

そうならないためには、個人の欲求を満たすことが大切なのです。

 

海外などでは日本と違い有給制度がきちんと完備されていて、仕事のために生きる日本人とは違い、家族のために生きる社会が形成されています。

 

そのため、夫婦生活なども円熟しており、年間の夫婦生活の回数を調べたり、コンドームの販売数を調査した結果、日本人は世界一のセックスレス国民だということが出ました。

 

さらに、ウツや精神病に患っている人の割合も世界一だということも判明しています。

 

夫婦生活の回数と精神病にかからない確率は比例するということなのです。

 

高齢者のセックスも、もちろん必要だと考えています。極端なことを言えば、男性が勃起しなくても前戯だけのセックスでもいいし、または、勃起薬を購入して高齢でもがんばればいいと思います。