勃起薬|EDジェネリック薬を個人輸入で通販する

高齢者の性交渉の頻度

老人大学や老人クラブに通う60歳以上の在宅老人を対象とした調査研究があります。

 

この研究は、女性を念頭に置いて調査したもので、老年期の女性の性が男性と対比して浮き彫りにされ、非常に興味深いものです。老年期の女性の性について、この調査に明らかにされたことが何点かあります。

 

まず、セックスそのものの頻度は明らかに男性よりも少なく、しかも配偶者の有無に非常に大きく左右されています。

 

また、性的欲求も男性よりはかなり少ない上に、男性のように直接セックスとか、肉体的接触という方向に向かわず、観念的な感情に置き換わっていく傾向がありました。

 

51歳の秋、出離して以来、現実的性は断ってきたが、歳をとるにつれ健康で、仕事量が増えていくのが苦痛ではない、現在65歳だが、性愛を断っていることは決死と苦痛を伴わないが、観念的恋情は、一向に衰えたとも思えない。」と述べ、弾性とは異なる性欲の表れ方を表しています。

 

されに、このような男女差の背景にある歴史的・文化的規制や、男性の女性に対する無理解といった点も指摘されています。

 

これらのデータが、そのまま1人の個人あるいは1組の夫婦がたどっていく道程と全く同じであるとは言い切れません。

 

例えば、セックスの回数は高齢になるにつれて減っていくと言われていますが、実は若い頃からずっとセックスの回数が少ない生活を送ってきたのではないかという考え方もできます。