勃起薬|ジェネリックED薬を個人輸入で購入する

勃起薬 ジェネリックED薬通販ガイド

勃起薬 ジェネリックED薬通販ガイド

最近、ぼっきに元気がない。セックスに快感が伴わない。など性生活の悩みを抱えている男性は増え続けています。原因は老化やストレスなどですが、その人口の割合は30年前と比べると10倍近くになっています。そのため、性生活の悩み改善に関する情報は増えており、取捨択一が難しい環境とも言えます。

 

多くの男性がまずはサプリメントや勃起薬に改善を試みるのですが、その商品の数もあふれかえっているので、どれを選択してい否か分かりにくくなってきています。

 

一番確実な方法は泌尿器科などに診察することですが、これが日本人男性のほとんどが恥ずかしいという理由でいきません。

 

そこで、勃起薬を通販するということになるのですが、値段の幅もいろいろなるので悩むところです。勃起薬で有名どころはバイアグラですが、なかなか高額で手が出ないものです。大体一錠あたり2000円ほどです。しかし、バイアグラのジェネリックED薬があることはあまり知られていません。しかもものすごく安い価格で販売されているのです。バイアグラの効果や信頼感はもう確立されているので安心です。あとはジェネリックED薬を安心して使えるのかどうかということになります。詳しくは、ジェネリックバイアグラ値段.com

 

バイアグラのジェネリック医薬品を通販する

 

まだ日本ではドラッグストアーでは販売されていませんが、海外では日本よりも簡単に購入することができます。

 

普通に薬局などに行くと販売されていますがそれは日本との法律の違いがあるからです。しかし、インターネットの普及により日本にいながら海外の薬局に注文をすることもできるのです。そのためバイアグラなどの薬も注文できます。日本では勃起薬を購入しようとしたらなかなか難しかったのですが、これでかなり簡単に簡単に手に入れられるようになりました。

 

さらにバイアグラなどはインドでジェネリックED薬も販売されており、ジェネリックED薬のカマグラ・サビトラは従来のものよりも安価に購入することができます。これらの薬はインド以外の国に向けても販売されていますので、日本でも購入することは可能です。

 

良心的な個人輸入業者をチェックする

 

個人輸入業者をチェック

バイアグラの発売当初は50r-30錠の代行価格は、58,000円から、12万円と業者によって価格に違いがありました。

 

同じ商品なのですから、購入する側としては安いほうがいいに決まっています。アメリカでもバイアグラの30錠の販売価格は、3万円ほどですので、それ以上の価格を提示している業者は、送料などを差し引いて考えても、利益を取っている可能性がありますね。

 

バイアグラの個人輸入斡旋業者を探すときに気をつける点を紹介していきます。

 

バイアグラの価格が適正かどうか?

 

バイアグラ50r-30錠は為替の影響もうけますが、おおよそ30000円前後だといわれています。ですから、日本でその価格よりもかけ離れている場合や、輸入代行手数料を請求される場合は注意が必要です。

 

そもそも個人輸入代行では利益を得てはいけない決まりとなっています。いくら送料を上乗せしても、それほど隔たりが出ることは考えられないのです。

 

処方箋がついているかどうか?

 

輸入代行業者の中には処方箋を同封するところと、処方箋なしでバイアグラだけを販売するところがあります。

 

バイアグラの製造元のファイザー社も「服用は医師の指示のもと行ってください」と何度もアナウンスしています。これは、バイアグラの危険性があることの表れであるともいえます。

 

バイアグラには危険やリスクがあるという状態で、合法だからといって日本から注文するのは、アメリカでバイアグラを服用するのに比べると危険が大きいといわざるを得ません。
問題が起こった時には、輸入車の責任だということを忘れてはいけません。
現在処方箋がなくても海外発送している薬局は数多くあります。そのために日本にも処方箋なしにバイアグラが流入しています。このルートで販売されているバイアグラは処方箋の取得費用が掛からない分安価で販売されています。そのためにEDの診断が下りなくて処方箋を手に入れることができない人でも購入することができる現状ができてしまっているのです。

 

バイアグラには錠剤の大きさの種類があることが明記されていますか?

 

アメリカのファイザー社は三種類のバイアグラを用意しています。これを医師が症状に合わせて処方するものです。多くの個人輸入代行業者は50rのバイアグラを取り扱っていることが多いですが、もしもあなたがEDの症状が重いものなら、50rでなく100rのものが適切です。反対に軽い場合には25tmgのものが適切となります。

 

返品などの苦情に関する窓口が記載されていますか?

 

もしあなたがお金を支払ったのに、バイアグラやザイデナなど医薬品が届かなかったらどこに連絡しますか?予期せぬ出来事が起こった場合の規定を明記してあるかどうかは、海外から商品を購入するうえではとても大事なことです。


毎日毎日業務に追われているサラリーマンのストレスは限界を知ることなく無限に増え続けています。そんなサラリーマンのささやかなストレス発散といえば、人間の欲求を満たすことです。食欲、性欲、睡眠欲などが生きていく上での欲求とされています。

 

これらの欲求が満たされると人は幸せを感じることができるとされていますが、様々なストレス社会がそれを簡単には許さないようになってきています。

 

例えば、今までは缶コーヒーで満足できていた人が、初めて本物のドリップコーヒーを飲んで、それ以来缶コーヒーでは満足することができなくなってしまった。こんな話を聞いたことはありませんか?

 

 

さらには、自分自身が経験したことがなくても、自分の知人が体験したということを聞いただけでも、それを体験してみたいと思うのです。

 

例えば知人がおいしいお店に行ってきたという話を聞くと、そのお店に行きたくなるという欲望です。

 

人間はさらなる高みを知ってしまうと、今までのものでは満足できない生物だということです。
今の社会は様々な要望が形となって再現される時代です。なので、人間に欲求によって様々なサービスが常にレベルアップしているのです。

 

そんな環境の中でも、性行為に関しては文化的に遮蔽されているので、あまり自分以外の性行為の詳細をうかがい知ることはできず、昔からそれほど性欲に関する欲求はレベルが向上していないのが現状です。

 

ストレスがたまる現代社会ですが、自分の性欲に従ってどんどん回数を重ねていくことが、幸せを感じることなのです。

 

さらにストレスをためすぎるとEDとなることも判明しており、勃起薬などを使用しても回復の見込みのない状態まで悪化してしまう人もいます。

 

そうなる前に、自身の性欲に正直に行動してストレスをためずに幸せを感じることのできる生き方をめざしましょう。

 

 

続きを読む≫ 2017/09/01 10:17:01

 

五月病やウツなど精神的な病気の人口がどんどん増え続けています。その大きな原因はその人にやる気が起きない、エネルギッシュに考えることができないなどが挙げられます。

 

その原因はいろいろと話し合われています。

 

ゆとり教育が原因だ。未来へのビジョンが持てない社会が原因だ。など様々な要因が挙げられ続けていますが、私の持論では、その人の欲求が満たされなかったことが原因で、やる気が出なくなったことが原因ではないかと考えています。

 

今の社会では競争原理が浸透していて、しいて言えば、職場内でも競争しなければいけない環境の人もいます。極端なことを言えば、部署替えで昨日までは同じグループに所属していた二人でも、会社の競争理念により、グループを分けられ競争させられるということもあります。

 

そのような環境に陥ってしまうと、毎日が戦いになり、体も心も休息する時間が少なくなってきます。そして仕事の作業効率も悪くなり、休みたい。遊びたい。などの様々な欲求がかなわない環境が続き精神的ストレスでウツなどの症状になると考えています。

 

そうならないためには、個人の欲求を満たすことが大切なのです。

 

海外などでは日本と違い有給制度がきちんと完備されていて、仕事のために生きる日本人とは違い、家族のために生きる社会が形成されています。

 

そのため、夫婦生活なども円熟しており、年間の夫婦生活の回数を調べたり、コンドームの販売数を調査した結果、日本人は世界一のセックスレス国民だということが出ました。

 

さらに、ウツや精神病に患っている人の割合も世界一だということも判明しています。

 

夫婦生活の回数と精神病にかからない確率は比例するということなのです。

 

高齢者のセックスも、もちろん必要だと考えています。極端なことを言えば、男性が勃起しなくても前戯だけのセックスでもいいし、または、勃起薬を購入して高齢でもがんばればいいと思います。

続きを読む≫ 2017/09/01 10:16:01

世代による性意識の違い

性生活や性的態度は、その時代背景や文化、思想などと密接に関係しているものであり、ある世代は禁欲的に、また別の世代は開放的にという、異なった世代雰囲気の中で人生を送ってきているはずです。

 

そうした影響も当然検査などには反映されているものです。ある時点での年代別調査でそこまで踏み込んで調査することができない。

 

興味深いデータがあります。46歳から71歳の幅広い年齢層の人々を対象とし、その性行動について、2年ごとに6年間にわたる調査を同じ対象に行ったものです。対象は調査期間中ずっと結婚していた人々に限られました。

 

年代別1週間の性交回数

調査開始年齢 開始時の回数 6年後の回数
46から55歳 男2.03

女1.70

男1.94

女1.66

56から65歳 男1.47

女1.23

男1.45
女1.04
66から71歳 男1.18

女0.79

男1.17
女0.67

6年間という短い期間ではあり麻酔が、男女とも全く生活堂の現象はみられませんでした。もっと長い期間を見た場合、やはり加齢の影響は出てくるかもしれませんが、少なくともセックスパートナーがいて、安定した性生活が営まれている限り、その影響は決して大きいものではないだろうと想像される結果でした。

 

 

老人になっても恐れることはないのです。性は生きることだと胸を張っていきたいものです。

続きを読む≫ 2016/01/25 14:20:25

老人大学や老人クラブに通う60歳以上の在宅老人を対象とした調査研究があります。

 

この研究は、女性を念頭に置いて調査したもので、老年期の女性の性が男性と対比して浮き彫りにされ、非常に興味深いものです。老年期の女性の性について、この調査に明らかにされたことが何点かあります。

 

まず、セックスそのものの頻度は明らかに男性よりも少なく、しかも配偶者の有無に非常に大きく左右されています。

 

また、性的欲求も男性よりはかなり少ない上に、男性のように直接セックスとか、肉体的接触という方向に向かわず、観念的な感情に置き換わっていく傾向がありました。

 

51歳の秋、出離して以来、現実的性は断ってきたが、歳をとるにつれ健康で、仕事量が増えていくのが苦痛ではない、現在65歳だが、性愛を断っていることは決死と苦痛を伴わないが、観念的恋情は、一向に衰えたとも思えない。」と述べ、弾性とは異なる性欲の表れ方を表しています。

 

されに、このような男女差の背景にある歴史的・文化的規制や、男性の女性に対する無理解といった点も指摘されています。

 

これらのデータが、そのまま1人の個人あるいは1組の夫婦がたどっていく道程と全く同じであるとは言い切れません。

 

例えば、セックスの回数は高齢になるにつれて減っていくと言われていますが、実は若い頃からずっとセックスの回数が少ない生活を送ってきたのではないかという考え方もできます。

続きを読む≫ 2016/01/25 14:18:25

勃起で自己の確認

老人自身が持つ制に対する態度は、「老人自身にも、性は下品で異常なことだ、と自己規制する風潮が根強く残っています。」ゆがめられた老人の性が、当事者である老人の側にもあることがわかっています。70歳代後半になっても男性の2人に1人はセックスをしているという事実から、将来は、老人の性が、ごく当然に当たり前のこととして社会に受け入れられ、老人自身もそれを謳歌するようになっていってほしいものです。

 

その時にバイアグラの価値がますます高くなってくるに違いないのです。

 

男性の性機能の加齢による変化は、性機能というテーマで議論される内容は、たいていは男性の性機能を扱ったものです。
女性の性能力と言われる場合は主に妊娠できるかどうかのことで、そのほかの性機能とか性的満足といった内容で研究発表されることはまれであり、ましてや、高齢女性の性に関する資料はないに等しいのです。

 

どういう理由でセックスとか性的能力については男性が中心としてから垂れるのか。歴史的、文化的背景はあるとしても、それ以上に男性の性機能が取りざたされる理由があるのです。

 

それは言うまでもなく、「男性は勃起してなんぼものも」であるからです。

 

勃起するという身体的変化がない限り、男性はセックスを成就することができません。歳をとっても衰えることの少ない男性の性欲は、セックスそのもの、すなわち、ペニスの勃起と女性の膣への挿入という、肉体的現実に執着するものです。

 

「ペニスはおとこの第2の自我」と表現されますが、まさに男性にとって、立つことほど、確実に男としての自己を確認できることはないといってもいいでしょう。しかも、子の勃起という現象は、客観的にも非常にわかりやすい、つぶさに確認することのできる現象です。ついでだが、研究する側にも圧倒的に男性の専門家が多い、男性側ばかりに熱心になるはずです

続きを読む≫ 2016/01/25 14:14:25