医薬品全般を取り扱うネット総合病院

ネット総合病院 薬のネット通販

 

ネット総合病院 薬

医薬品の個人輸入代行して、薬のネット通販をしてくれるネット総合病院は使いやすくて便利なサイトです。

 

日本では2005年までは医薬品をネット通販することが禁止されていました。

 

しかし、そのままでは、交通の不便なところに住む人や、足の不自由なお年寄りなどが医薬品を求めるのに、病院までいかなくては医薬品や薬を手に入れることができない状態でした。

 

そのために、医薬品や薬のネット通販が認められるようになりました。

 

ネット総合病院

ネット総合病院もそのころから、海外の医薬品やジェネリック医薬品をネット通販できるサイトを運営するようになり、現在も多くの方から利用されていて、安心安全の正規品保証をネット総合病院では掲げています。

 

薬のネット通販

薬のネット通販が始まるにあたって、当時は懸念されていた違法な医薬品が出回ってしまうのではないかということがありました。

 

そのほかにも違法な医薬品がネット通販を使って販売されるのではないかとも考えられました。

 

違法な医薬品とは、大麻や覚せい剤などがそれにあたります。

 

もちろんネット総合病院では法律に触れるような医薬品は販売していません。

 

そのほかには、ネット通販では医薬品をきちんと把握して注文することができないのではないかということでした。

 

ネット総合病院では薬についての質問もメールにて24時間受け付けていますので、ほしい医薬品について知りたいことや質問があれば答えてくれるので安心です。

 

薬がほしいけれども、病院に行って診察してもらう時間がないという方にも、ネット総合病院は重宝されています。

 

インターネットからは24時間注文を受け付けていますので、病院なら診察を受け付けていないような深夜でも、ネット総合病院なら注文を受け付けてくれるのです。

 

医薬品の到着はおおよそ10日間ほどです。痛みが出たからすぐに薬がほしいという時には使うことができないかもしれませんが、常備薬の補填などには、ネット総合病院はとても便利なサイトです。

 

ネット総合病院はとても便利

 

また、ネット総合病院では販売している医薬品の価格についても、市場調査を頻繁に行い、お客様に満足してもらえる販売価格を実現しています。もともと海外の医薬品の価格は日本のそれに比べるととても安価なのです。日本で医薬品を製造する際の開発費がとても高いことが理由だといわれています。

 

ネット総合病院で取り扱っている多くの医薬品は、日本での薬価よりも安い価格で販売しています。さらにジェネリック医薬品の取り扱いも多く、お悩みの症状に効果のある医薬品がとても安く出購入することができるのです。

 

個人輸入について

 

個人輸入

ネット社会が進行してからというもの、ネット通販の文化はここ数年で急速に発達しました。最初の頃は代引きでないと心配で買い物することができないと考えられていましたが、今ではセキュリティーが大幅に強化されて海外のものを個人で輸入できるようにまでなっています。

 

関税などの処理をすればどんなものでも簡単に購入できるようになっています。ただ日本では海外から個人輸入するときには医薬品や化粧品などは、特別のルールが設けられています。

 

医薬品を海外から輸入すると聞くと、なんだかグレーゾーンのような感じがしますが、規則をきちんと守れば購入できるようになっています。

 

ネット総合病院が扱うような医薬品や化粧品の個人輸入の規則は、医薬品に関しては医者を除き、自身で使用する商品しか購入することができません。また一度の購入で2か月分の使用量を超える購入はできません。

 

厚生労働省の個人輸入についての説明

 

個人輸入のデメリット

 

個人輸入

海外から商品を購入するということは、まず言葉の壁があります。セカイモンなどでは個人輸入の代行をしてくれますが、商品購入の際には手数料がかかります。

 

商品の詳細などが英語で記載されていると、傷あり・返品不可などの条件などを把握することなく注文してしまうこともあるでしょう。

 

また、送料が高額になることが多く、セカイモンを例に説明すると、買い物の際には大まかな送料しかわかりません。

 

そのために自宅に届いた際に、思っていた以上に送料がかかることがほとんどです。

 

支払方法は、商品代金についてはクレジット決算で、送料は代引きというパターンが一般的のようです。

 

その個人輸入のデメリットとしては、もしも商品が思っていたものと違うかったときに返品の手続きが面倒だということです。もちろん商品によっては返品を受け付けていないものもあり、返品作業の労力はとてもなく大きなものとなっています。

 

 

また、購入する商品によっては税関で中身の確認をされてしまうことがあり、到着したときには商品の梱包は一度開けた状態となっています。

 

 

ネット総合病院に関しては、送料や手数料は無料ですので商品にかかる代金さえ支払えばいいのです。

 

 

個人輸入のメリット

 

日本で販売されていない商品を、海外から直接自宅に送ってもらうことのできる個人輸入はとても便利です。

 

 

さらに、一昔前では海外から商品が到着するのに1か月以上かかることもほとんどでしたが、日に日に進歩する個人輸入の制度はどんどん短い日数で商品が到着するようになってきています。

 

 

ネット総合病院でも約2週間ほどで商品が自宅に到着するようです。

 

 

医薬品の個人輸入について

 

医薬品の個人輸入

ネット総合病院では主に医薬品を取り扱っています。医薬品の個人輸入については、日本国内において法律で定められているルールがあるので把握しておくようにしておきましょう。

 

 

購入することのできる医薬品は国が承認をしたものに限ります。ネット操業病院で取り扱う医薬品はすべて承認されている正規品です。

 

ただし法律の最終的な責任を問われるのは、購入者になるのでその部分はきちんと肝に銘じておいてください。

 

 

また、個人輸入で購入する医薬品は、自分自身が使うか、医師による診断の上で医師が処方するかの使用しか認められていません。

 

ネット総合病院で、ヘルペス治療薬であるバルトレックスを購入したとします。注文者の症状が治まってきたので薬が残っていた時に、家族のものがヘルペスを発症したからといっても、個人輸入で購入した医薬品を他人が使うことは禁止されています。

 

 

そのために、個人輸入で購入した医薬品の、医師以外の者の転売、譲渡も認められてはいません。これは安全に医薬品を使用するために配慮であり、日本は海外に比べるととても決まりが厳しいとも言えます。

 

 

そのほかには、個人で服用する分の1カ月以内の分量しか購入することはできません。こちらもネット総合病院ではそれ以上注文できないように配慮されていますので、それほど気にする必要はありません。